結婚式 成功させるには

結婚式を成功させるには記事一覧

結婚式を進めるに当たり、ぜひとも活用していく必要があるのが「ウエディングノート」です。ウエディングノートは結婚式のネタ帳兼スケジュール帳です。具体的な内容は・候補である結婚式場のデータ・結婚式当日までのスケジュール・予算・費用(コスト管理)・招待客のリスト・引き出物・引菓子・プチギフトの候補・結婚式のコンセプト・ウエディングケーキのデザイン・ウェルカムボードのデザイン・受付・主賓・乾杯の音頭・余興...

結婚式は人生で最も華やかになるイベントで、夫婦として二人が主役となる日です。華やかな演出や、演出を盛り上げる音楽、おいしい料理などすべてのものが自分たちの祝福の為だけに行われます。結婚式では衣装・音楽・演出・料理・装飾など友人や主賓の挨拶等を除くすべてのことを夫婦である自分たちが決めていかなければなりません。言うなれば「自作自演」となるのです。結婚式は一般的に挙式→披露宴となりますが、挙式では決め...

結婚式のスケジュールはおおよそ決まったものがあります。式場によって最も自然となるような演出の順序になっていたり、来てくれたゲストに不満が残らないような流れを式場の経験として蓄積されていきますので、それほど大コケする流れにはなっていません。例えば、以下の流れです。1.挙式2.新郎 ウェルカムスピーチ3.司会による新郎新婦の紹介4.新郎新婦 両主賓による挨拶5.乾杯の音頭6.ウエディングケーキ入刀7....

結婚式の予算は出席予定者から概算することが出来ます。ざっくりとした予算の内容としての例は以下のようになります。ドレス/タキシード/控室使用料/挙式料金/ブーケ/ブートニア/ナイフ装花/メインテーブル装花/司会者料金/アテンド料金/証明音響料金/記念写真撮影料など、人数に依存しない料金と、招待状/席次表/席札/メニュー表/ドリンク料/食費/ケーキ代金/会場使用料/フラワーシャワー料金/引き出物/引菓...

結婚式場を選ぶポイントは何に重点を置くかによって決まってきます。美味しい料理でゲストを歓迎したいカップルもいれば、駅からのアクセスが良く遠方からのゲストの負担を軽減したいカップルもいます。大きくはこの2つが式場を選ぶポイントになってきます。最初においしい料理を重視する結婚式場の場合、式場の種類としては「レストランウエディング」がお勧めです。料理に卓越した式にすることが出来るので、非常に味の良い結婚...

結婚式は二人のための大イベントですが、それ以上に招待しているお客さんに喜んでもらうことが最低条件です。残念ながら「お客さんが喜ぶ」ということを重視すると、お客さんの得になることが喜んでもらうことに繋がります。そこには主催者側(新郎新婦側)の演出は関係してきません。重要なことは「お客さんに失礼のない結婚式」ということを意識するということです。招待客が悪い印象を抱く内容はほとんどがお金のトラブルです。...

結婚式に適している時期は春または秋です。理由は暑すぎず、寒すぎないことです。結婚式に適した時期は女性をメインに考えることになります。女性はドレスによる参加が一般的です。ドレスは肩を中心に肌の露出が多く、薄着となりがちです。真夏の時期だと、汗で化粧が落ちてしまい、会場に到着してから化粧をしなおさなければならなくなります。また強い日差しのせいで日焼けをしてしまうため、夏の結婚式は冬以上に嫌がられてしま...

結婚式でかかる費用は70人〜80人規模のもので260万〜370万円と言われています。式場のタイプによって額は大きく変わります。ゲストハウス:平均370万円ホテルタイプ:平均330万円専門式場:平均306万円レストラン:平均260万円まず費用を抑えることを考えるならば、レストランウエディングがお勧めです。次に専門式場、ホテルタイプ、ゲストハウスと続きますが、ホテル・専門式場の場合はほとんどの場合プラ...

結婚式は多額のお金が必要となる大イベントです。だからと言って、結婚式に関わる全ての事にお金を費やしてしまうのではもったいないです。人生の一大イベントと言える結婚式でもお金をかけた方が良いポイントと節約するポイントを分け、妥協できるところは妥協して予算を出していきます。お金をかけるべきポイントとしては、遠方から来て下さる方への交通費、主賓の挨拶・乾杯の音頭、余興、受付への謝礼(心付け)です。現金によ...

遠方から来てくれるゲストに配慮する項目は2つあります。一つは交通費・宿泊費、もう一つは引き出物です。遠方からの招待客にお渡しする交通費は半額または全額と言われています。お渡しするタイミングは受付をしてくれた友人に、招待客が来られた際、芳名帳に名前を記入し終わったタイミングでお渡しするようお願いしておきます。もちろん受付をお願いする方は遠方から来てくれた方ではなく、比較的会場に近い方にお願いするよう...

異性の招待客は原則、お誘いしないのが妥当だと言われています。しかし、2011年の調査によると全体の46.9%の人たちが「何とも思わない」と回答し、28.2%の人たち「賛成」と回答しています。つまり「反対」としている人たちは全体の24.9%に過ぎないということです。それは仕事柄異性が多くなってしまったり、大学の学部の関係から異性の友人ばかりとなっているというやむを得ない理由を皆さんが理解してくれるよ...

結婚式の仕事量は想像以上に多いです。結婚式をお考えの皆さんは、結婚式は大変だけど、喧嘩をするほどの事ではない、と想像されていることでしょう。結婚式の準備内容を見る限り大したことがない仕事量だと考えられるかもしれません。また事前に準備をしておけば、喧嘩などするはずがない、と感じることでしょう。全くその通りで、喧嘩をしないカップルも大勢いらっしゃいます。そうした方々は結婚式を仕事と思わず楽しむことを心...

結婚式の大まかな流れは決まっており、結婚式にこだわりがないとどれも同じような結婚式となってしまい招待客の印象に残すことが出来なくなってしまいます。せっかくの結婚式ですので、招待客が何年先も覚えていてくれるような結婚式にするために個性を出した結婚式に演出する必要があります。個性を出す方法としては、結婚式のテーマを決めるのが良い方法でしょう。具体的には、二人が知り合った(または結婚した)に至った思い出...

結婚式や披露宴、結婚式二次会に参加するのはとてもうれしいことですが、親友の結婚は、喜びもひとしおです。結婚式、披露宴、結婚式二次会、招待されたものすべてに参加して心からの祝福を表してくれることでしょう。余興やスピーチ、結婚式二次会の幹事などを頼まれたら、引き受けて中心になって盛りたててくれるのではないでしょうか。大親友と家族ぐるみのお付き合いが始まり、自分にとっても新しいスタートが始まります。とこ...