介添人 スタッフ 介添料 心付け 相場

介添人やスタッフへの介添料や心付けの相場

スポンサーリンク

介添料(かいぞえりょう)とは花嫁の身の回りの世話をする人(介添人)にかかる人件費やサービスのことを指します。
介添人はアテンドまたはアテンダーと呼ばれ、見積書の中に料金が含まれるので確認しておきましょう。


心付けの料金相場は以下のようになっています。
アテンド:3000円〜5000円
ヘアメイク:3000円〜5000円
担当者・キャプテン・カメラマン・司会者:3000円〜10000円

スポンサーリンク

渡すタイミングは新郎新婦とスタッフだけの空間となる控室で、式が始まる前の支度の段階で渡すとスマートです。
直接、これからお世話をしてくれたスタッフや今まで結婚式の準備をサポートしてくれた担当者に心付けをお渡しするのが礼儀ですが、見積もり費用の中にサービス料として含まれている式場も少なくありません。
その場合、心付けを無理に渡す必要はありません。
但し、少なくとも新婦に一日中張り付いてくれるアテンドと結婚式のサポートをしてくれた担当者には何らかのお礼をしておいてもいいでしょう。


他にも二人の結婚式のために頑張ってくれた人がいれば、そのスタッフに心付けをお渡ししておくと気持ちよく式を送ることが出来ます。

 

ただし現金で心付けを渡す場合、心付けは会社に取られてしまうことがほとんどなので新婚旅行に行った後のお土産を代わりに渡すこともあります。
会社では心付けを受けとって会社に報告しなかった場合、解雇ということもあるのでお土産で代替というスタイルも増えてきています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加