結婚式 準備 流れ

結婚式の準備の流れ

スポンサーリンク

結婚式は人生で最も華やかになるイベントで、夫婦として二人が主役となる日です。
華やかな演出や、演出を盛り上げる音楽、おいしい料理などすべてのものが自分たちの祝福の為だけに行われます。
結婚式では衣装・音楽・演出・料理・装飾など友人や主賓の挨拶等を除くすべてのことを夫婦である自分たちが決めていかなければなりません。言うなれば「自作自演」となるのです。

スポンサーリンク

結婚式は一般的に挙式→披露宴となりますが、挙式では決めることがないためウエディングプランナーの言われるままにするだけでよいですが、披露宴はすべて決めていく必要があります。
披露宴は僅か1時間半ほどしかありませんが、数分刻みで演出がなされていきます。
そのすべての要素を夫婦で決めていき、構成はウエディングプランナーなどのスタッフが決めてくれます。

スポンサーリンク

結婚式を成功させるかは、準備をどれほど結婚式前に終わらせられるかに掛かってきます。

 

一般的な結婚式を挙げた人たちに聞くと「結婚式一週間前は寝ていない」とのコメントがざらに出てきます。
お金をつぎ込んでスタッフや業者を使うと、この睡眠時間は確保できます。
結婚式費用を節約しようとすると、それなりに自分たちへの負荷が高まってきます。


結婚式準備をするためには、まず「結婚式で何を業者にやってもらい、何を自分たちでやるか」を明確にする必要があります。

 

そのうえでウエディングプランナーと相談し、内容に抜けがないことを確認した後、実際の準備に入っていくことになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加