結婚式 スケジュール 当日 組み方

結婚式当日のスケジュールの組み方

スポンサーリンク

結婚式のスケジュールはおおよそ決まったものがあります。
式場によって最も自然となるような演出の順序になっていたり、来てくれたゲストに不満が残らないような流れを式場の経験として蓄積されていきますので、それほど大コケする流れにはなっていません。


例えば、以下の流れです。
1.挙式
2.新郎 ウェルカムスピーチ
3.司会による新郎新婦の紹介
4.新郎新婦 両主賓による挨拶
5.乾杯の音頭
6.ウエディングケーキ入刀
7.演出A
8.新郎新婦 お色直し
9.演出B
10.友人たちによる余興
11.新婦 母への手紙
12.新郎親の挨拶
13.新郎挨拶
14.お帰り

スポンサーリンク

基本的な流れとして、初めに「主賓の挨拶」「乾杯の音頭」から披露宴はスタートしていきます。
余程のこだわりがない限りスケジュールの構成は式場の既定のフォーマットがある為、それに従った式の進行がなされていきますので、こちらで準備する必要はありません。
必要な決め事としてはどの様な演出を式に取り入れていくか、ということになってきます。


ただし、特にこだわりがあり、順序を入れ替えたかったり演出を多く取り入れたい場合はウエディングプランナーに相談し、可能かどうかを判断します。
但し、この流れの中でもどうしても時間配分が決まってしまっているものや、順序が入れ替えられないものがあるので、それはこちらで調整し不自然にならない流れとなるよう式をコーディネートしていきます。

 

原則として披露宴の時間は限られている為、演出を多く取り入れると写真を撮る時間が無くなるなどの弊害があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加