結婚式 個性的 演出 注意点

結婚式で個性的な演出をする際の注意点

スポンサーリンク

結婚式の大まかな流れは決まっており、結婚式にこだわりがないとどれも同じような結婚式となってしまい招待客の印象に残すことが出来なくなってしまいます。
せっかくの結婚式ですので、招待客が何年先も覚えていてくれるような結婚式にするために個性を出した結婚式に演出する必要があります。


個性を出す方法としては、結婚式のテーマを決めるのが良い方法でしょう。
具体的には、二人が知り合った(または結婚した)に至った思い出のこと、二人の共通の趣味にちなんだ結婚式をすることです。
例えば、二人の趣味が旅行であったなら、招待状・席次表・席札等はすべて旅行にちなんだデザインのものを選択します。

スポンサーリンク

ウエディングケーキも旅行をイメージさせる乗り物や行ったことがある旅行先の建造物等でデザインします。
ウェルカムボード、プチギフトも同じように、どれも印象を変えた旅行を連想させるデザインのものを選択します。
そうすることで、トータルコーディネートされたオリジナルの結婚式にすることが出来、招待客には「新郎新婦と言えば旅行」という印象をつけることになります。


個性的な結婚式を演出するには以上の方法がありますが、個性を出し過ぎてしまうと「結婚式」という場と合わないものになってしまうことがあります。
こだわり過ぎてしまうあまり、本来やりたかった結婚式のイメージからかけ離れてしまっては本末転倒なので、あくまで結婚式というベースがあることを忘れないようにしましょう。
また個性的すぎる結婚式は年配の方からの反感を買う恐れがあるので、合わせて注意する必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加