結婚式 席順 決め方 マナー

結婚式席順の決め方のマナー

スポンサーリンク

結婚式の席順は形式上決まっています。

 

新郎側
新郎から近い席は普段、新郎の仕事を支えてくれる人たちが来ることになります。
その為最も新郎に近い席には会社関係者、特に同じ部署の人たちが来ることになります。
それから少し離れるごとにお世話になっている人たちから、親しい人たちになっていきます。


最も遠い席になるのは両親です。
最前列である主賓・恩師・上司は新郎に近いところに配置します。
それ以外の友人関係はあまり優劣をつけなくても構いません。

スポンサーリンク

たとえば、
最前列:会社関係者・会社同期
(主賓・恩師・上司)
2列目:友人たち
3列目:親族
4列目:家族

というようになっていきます。
席が中途半端になってしまう場合、新郎側と新婦側の関係者が相席になってしまっても構いませんが、友人たちと親族が同じテーブルになることは避けましょう。

 

親族は家族側、友人たちは単体で固めるまたは会社同期と相席にするなど相席にしてもいい人たちとしない方が失礼にならない人たちの判断をしましょう。


円テーブルの場合、夫婦やカップルは隣同士に配置するものです。
また、四角の長テーブルの場合も夫婦は正面同士ではなく隣同士に配置します。
レストランなどで正面になることはあっても、こういった席では隣同士で配置するのが礼儀です。

 

高齢の方、小さなお子さんを連れた方は入り口に近い席に配置しましょう。
また同じく遅刻、早退が事前に分かっている人は最前列関連でない限り、目立たない席に配置するように配慮しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加