結婚式 親友 招待 配慮

親友を結婚式に招待する場合の配慮

スポンサーリンク

結婚式や披露宴、結婚式二次会に参加するのはとてもうれしいことですが、親友の結婚は、喜びもひとしおです。
結婚式、披露宴、結婚式二次会、招待されたものすべてに参加して心からの祝福を表してくれることでしょう。
余興やスピーチ、結婚式二次会の幹事などを頼まれたら、引き受けて中心になって盛りたててくれるのではないでしょうか。
大親友と家族ぐるみのお付き合いが始まり、自分にとっても新しいスタートが始まります。


ところで、親友の結婚は時として仲たがいの原因になることもあるので注意してください。
特にあなたが親友より先に結婚している場合は要注意です。
どんなに仲良しでも、人はしてあげたことは覚えていても、してもらったものは覚えていないものです。
トラブルの原因でよくあるのが、自分がしてあげたよりも見返りが少なかったということです。

スポンサーリンク

実際はどうだったのか、誰にもわかりません。
けれども、そんなふうに思わせてしまう方にも、お返しが足りなかったり、言葉が足りなかったり、感謝が足りなかったり、何か原因があるのでしょう。
親しき仲にも礼儀あり、という言葉を覚えておきましょう。


このようなトラブルを避けるためには、親友に対しても、お祝いとしていただいたものはどんな些細なものでも記録しておいて、十分なお礼を返すことはもちろん、折に触れて礼状を出したり、直接口で伝えたりして、いつも感謝しているよ、という態度を示すことが大切です。
感情的なトラブルは、心遣いで解決することが可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加