結婚式 見積もり 注意点 初期見積もり 体験談

体験談3 見積もりの注意点〜初期見積もりに惑わされないで

スポンサーリンク

結婚式会場を決定するための参考として、式場を確定する前に式の本体価格の見積もりを出してもらいます。
いくつか式場を回り、式の雰囲気が最も良く、交通の便が良く、最も低価格な式場を選択することになるかと思います。
私たちも同じように選択していきました。


式場から提示された見積もりを確認し、320万円(70人)だったため「そこそこだな」と感じ、その式場に決めました。
しかし、後でわかったことですが、式で必ず必要な料金類が含まれていないことがわかりました。
例えば、
花嫁が身につける小物類:約10万円
ドレス類:初期の見積もりでは15万円でしたが、そのような衣装はない、とのことでした。
一着につき、15万円ずつのアップ。計30万円
スパークリングワイン:乾杯の音頭のときに必要なワイン。1テーブルに着き3000円。
これらは式を行う上で必要不可欠なものなのですが、見積もりの中に概算でも含まれておらず、値段がアップ。

スポンサーリンク

また引き出物、引き菓子、プチギフトなど式では到底使えない安いものが計上されていたため、本体のみオプションなしでも400万円近い料金になりました。

 

初期見積もりでは、式の進行に支障をきたさない料金は省かれているため料金が大きくアップしてしまいます。


事前に、これだけは必要だと思われる料金を洗い出しておき、初期見積もりに反映してもらってから複数の式場の料金比較をしていく必要があります。

 

このことから、結婚式の料金は初期見積もりから100万円程アップしてしまう可能性があるので気を付けてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加