遠距離 恋愛 結婚式 準備 体験談

体験談8 遠距離での結婚式準備

スポンサーリンク

結婚相手が学生の頃から付き合っている人のほとんどは仕事をし始めると遠距離恋愛になってしまいます。
遠距離恋愛になってしまうと、近くに気になる人が出てきたり、心細さを埋めてくれる人が出てきたり、と誘惑が多くなってしまいます。
また、会いたい時に会えないというストレスも溜まってしまいます。
結果、遠距離恋愛になって6割の男女が遠距離恋愛で破局を迎えてしまいます。


遠距離恋愛をしながらの結婚の準備は大変難しく、ストレスが溜まってしまいます。
そこで遠距離での結婚式準備を円滑にする強いアイテムがテレビ電話です。
今はSkypeやメッセンジャーなど、フリーでテレビ電話が出来るソフトが多くあります。
さらに欲しい設備がスキャナーです。
今は複合機(コピー機、スキャナー、プリンターがついているもの)が3万円以下で買うことが出来ます。
これは複合機を出しているメーカーはインクのランニングコストで儲けるためで、機械本体の値段を落としているためです。

スポンサーリンク

遠距離での結婚式の準備では、視覚的な情報が必要不可欠となります。
電話だけだと「言った言わない」のケンカになったり、正しい情報が得られず間違った認識でお互い進めていってしまう恐れがあったので、テレビ電話を使い貰った資料をデータ化し送りあったり、表情を見ることでお互いを労わりあったりしました。


電話だけでは相手の表情が読み取れずケンカになり勝ちでしたが、テレビ電話にすることで大きくケンカの発生率を下げることが出来、正しい情報の授受が出来るようになったおかげで円滑に話を進めることが出来ました。

 

遠距離で打ち合わせをするときには、正しい情報を共有し合い、お互いをいたわりあうことで不可能と思われる結婚式の準備も上手に進めることが出来ることを忘れないでください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加