結婚式 準備期間 平均 余裕 体験談

体験談2 結婚式の準備期間は平均に惑わされず余裕を持って

スポンサーリンク

多くの結婚式場で言われていることですが、結婚式の準備期間は3ヶ月ほど、と言われています。
つまり結婚式場を1年前に押さえても、9ヶ月間は式場からの宿題もなく、何もする必要はないのです。
そして本格的に睡眠時間を削りだすのが1ヶ月前、式の1週間前にはほぼ眠れない日々が続きます。

 

これが一般的な結婚式の流れです。


結婚式をやったことがない人や、こんな忙しいことはなかった、と言う人には不思議だと感じるでしょう。
理由は結婚式費用の節約の仕方にあります。

 

通常、結婚式を全て式場に任せ、料金を払うことで企画を作った場合、ここまで忙しくなることはありませんが、初期見積もりから150万円以上は少なくともアップします。
これを抑えるために、自作で出来るところは自作でする人がほとんどです。

スポンサーリンク

特にペーパーアイテム、両親への贈呈品、映像関係が経費削減ポイントです。
にもかかわらず、式の準備が本格的に始まる1ヶ月前から準備を始めるため業務内容が膨れ上がってしまいます。
私の場合も同じで、映像関係は全て自作で作るつもりでしたが式の1ヶ月前の状態でオープニングDVDも、エンディングDVDも手付かずの状態でした。
そのため3週間かけてオープニングDVDを作りましたが、3日でエンディングDVDを作らなければならない状態となってしまいました。


手作りを考えているならば、3ヶ月以上前に終わらせておくことがベストです。
少なくとも式の1ヶ月前には式場から与えられている宿題をこなすだけの期間であると肝に銘じておきましょう。

 

また忙しくなることが判っているのであれば、式場にお金を払い作業時間を削減するのも式の直前にバタつかないための手段の一つです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加