ウェディングケーキ デザイン 価格

ウエディングケーキのデザインや価格について

スポンサーリンク

結婚式の中でもドレスの次に目を引く要素としてウエディングケーキがあります。

 

初期見積もりの中で記載されている金額でできるウエディングケーキは驚くほど質素で、とても人前に出せるレベルではないため必ずオプションでランクアップをしなければならなくなるということは肝に銘じておいてください。


具体的にはウエディングケーキの段数を増やすとケーキの金額の10%〜30%の値上げとなります。
他にもフルーツの追加、カラーによるペイント、立体的な装飾(人形・建造物など)、丸型ケーキへの変更が値上げになる要素となります。

 

ウエディングケーキは披露宴の中でも時間がしっかり取られ、写真撮影も十分にできるものとなっている為、必要なコストアップと考えましょう。

スポンサーリンク

上記に挙げた装飾のほかにウエディングケーキの種類をガラッと変えた色とりどりのマカロンタワーケーキやシュークリームタワーケーキ(クロカンブッシュ)も重厚な存在感をアピールできる点で人気があります。(価格は通常のウエディングケーキの倍近くになります)


他にもウエディングケーキを使った演出もできます。
ウエディングケーキの中にアーモンドやドラジェ(アーモンドを砂糖コーティングしたもの)を入れておきゲストに振る舞い、入っていたゲストには「当たり」として何か商品を渡す「ラッキードラジェ」というものがあるので、ウエディングプランナーやパティシエと相談してどのようなケーキカットを演出するか二人で確認していきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加