ウェディングノート 作り方 項目 内容

ウエディングノートの作り方と項目・内容

スポンサーリンク

結婚式を進めるに当たり、ぜひとも活用していく必要があるのが「ウエディングノート」です。

 

ウエディングノートは結婚式のネタ帳兼スケジュール帳です。


具体的な内容は
・候補である結婚式場のデータ
・結婚式当日までのスケジュール
・予算・費用(コスト管理)
・招待客のリスト
・引き出物・引菓子・プチギフトの候補
・結婚式のコンセプト
・ウエディングケーキのデザイン
・ウェルカムボードのデザイン
・受付・主賓・乾杯の音頭・余興担当者の抽出
・式の最中に使用する曲
・結婚式場見学会のメモ
・ドレス候補の写真
・やりたい演出の内容
などが記載されます。

 

他にも遠方の招待客の交通費や、結婚指輪の候補なども書いておき二人で打ち合わせを行う時に活用できます。

スポンサーリンク

ウエディングノートをつけることで、予定の管理が出来、結婚式当日までにやらなければならないことが明示される為、当日までにバタつくことが少なくなります。

 

良く結婚式の1か月前から寝不足で式の当日は徹夜で過ごしてしまった、という人のほとんどはウエディングノートのスケジュール管理が不足していることがあります。
結婚式が忙しくなるのは式当日の1ヶ月前からですが、一般的に式場の予約は1年〜半年前に行われます。


それまでにやらなければならないことをリストアップしておき、事前に内容を確定させておけば結婚式当日は十分に睡眠が取れ、心から一生に一度の結婚式を楽しむことが出来ます。

 

楽しく、健康的な結婚式を挙げる為にもウエディングノートをつけ、楽しみながら結婚式を作り上げていきましょう。

 

式が終わった後、二人で作ったウエディングノートはかけがえのない宝物になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加