結婚式 お客 喜んでもらう

結婚式でお客さんに喜んでもらう為には

スポンサーリンク

結婚式は二人のための大イベントですが、それ以上に招待しているお客さんに喜んでもらうことが最低条件です。

 

残念ながら「お客さんが喜ぶ」ということを重視すると、お客さんの得になることが喜んでもらうことに繋がります。そこには主催者側(新郎新婦側)の演出は関係してきません。

 

重要なことは「お客さんに失礼のない結婚式」ということを意識するということです。

 

招待客が悪い印象を抱く内容はほとんどがお金のトラブルです。

 

例えば、
・交通費が少ない(または全くない)
・余興・挨拶・受付をしたのにお礼(謝礼)がない
などです。
交通費は一般的に「片道1万円以上かかる招待客の場合、最低交通費の半額を出す」ということが言われています(望ましいのは全額ですが、実際は不可能です)。交通費が出せないなら結婚式に招待する人を減らすか、前もって電話でご招待する際に断わっておきましょう。東京から京都まで呼び出されて交通費もなし、2次会まで参加すると、
ご祝儀:3万円
交通費:13520円×2=27040円
2次会:7000円
計:64040円

の出費となります。これはゴメンで済まされないほどの額なので注意しましょう。

 

余興・挨拶・受付の人へのお礼は新婚旅行のお土産で代用できる、と説明しているところもありますが本当にそうでしょうか?
他の結婚式に行ったときにお土産と謝礼では結婚式の印象は大きく変わってきます。結婚式に招待されたときに、お祝い事だから、と割り切れることが出来るゲストならばそれでもいいですが、ほとんどのゲストはこれらの物事はケジメとしてとらえているので謝礼を渡すことをお勧めします。

 

結婚式はお祝い事で、多少の無礼は許されるイベントではありますがお金絡みのところは人間関係を悪化させかねないので要注意です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加